Blog
ブログ

夢くらふと協会ブログ

バルーンアートはバランス感覚を鍛えることができるアート

創造力と想像力を培うなら!右脳を活性化できるバルーンアート。

現在、世の中の市場でより強いインパクトを与えると考えられているのは、バルーンアートのような「空想」・「直感」の表現です。

脳内はデジタルのコンピューターと比べると、回路的な役割のスピードは遅くなっています。

ですが、人間の脳には思考力が同時発火するような「ひらめき」が備わっています。

この処理能力は人間ならではのもので、最大の特徴といえます。

人間は、目で見て、耳で聞いて、触って感じることができます。

そしてそれをインプットしたり、アウトプットとして表現することもできます。

これも、人間ならではの特性と密接に関係しているのです。



人間は、視覚や聴覚といった感覚器官から、インプットやアウトプットをしています。

毎日頭を働かせずに過ごすということは、もちろんこういった特性を活かしきれていないことになります。

それは勿体ないことだと思いませんか?

人間の特性である「ひらめき」は、特に手を動かすことで刺激できるともいわれています。

新しい表現を生み出す、クリエイティブな思考をより現実的に作りだすことができるのです。

話が少し変わりますが、今の時代誰もがスマートフォンに触れ、一度は操作したことがあると思います。

逆に経験していない人はかなり少ないでしょう。

それは、現代において、私たちがスマートフォンを通して写真や動画を簡単に見ることができます。

SNSなどの媒体を使って、ネット上の情報を脳内で処理していくことを「普通」だと感じているからです。

なので、違和感なく、すんなり受け入れることができているのです。

現代人は、情報を視覚的に受けとめて、処理に慣れているのです。

それと比べると、過去は文字を通じて情報をインプットしていました。

今は全体を視覚的に把握できる要素が増えたため、「右脳」を使うことが昔と比べると多くなっています。

未来は、「右脳」を活用していくことが非常に重要だと私が考えています。

右脳を活用し、クリエイティブに仕事を作っていく人こそが、未来を支える要になるのではないでしょうか?

バルーンアートは、自分の手を使って、形をイメージしながら作ります。

風船ひとつひとつに命を吹き込み、表現するもの、人に伝えるものへと変化させていきます。

あなたもバルーアートに触れて、クリエイティブな自分を見つけてみませんか?

子ども向けイベント出張バルーンアート

短期1日でバルーンアート資格取得
一般社団法人 夢くらふと協会