Blog
ブログ

バルーンアート作品

バルーンアート写真を投稿すれば一層SNSが華やかになるでしょう

SNSを一層活用するためにバルーンアートを取り入れよう。

近年急速に、私たちの生活に普及しているものといえば「SNS」ですよね。

お洒落な写真や近況などを簡単に投稿できるツールなので、利用されている方も多いのではないでしょうか。

SNSに投稿するために、イベントやお店写真を撮影する、という方も今では珍しくなくなりました。

今回は、丸いバルーンや細長い風船を使い編み込んでみたりして、皆さんがいつも食べている、色々な果物を作りました。



バルーンアート教室の様子や女性限定飲み会などで、バルーンアートを披露すると、ガールズトークに花が咲きます。

ぜひバルーンアートのイベントや教室に参加して、バルーンアートの空気感を発信してくださいね。

その時間はその時だけの特別なものですが、写真に残しておくことで、一瞬をみんなで共有し、大切にすることできます。

夢くらふとでは、「キッズバルーンアーティスト」も所属しております。

年代問わず、新たなチャレンジに繋げていくことをモットーに、バルーンアートの魅力を伝え続けています。

未知なものを知り、興味がわけば「やってみたい」と感じるもの。

そして、その「やってみたい」という願望が多くの知識を吸収していくという行動に変わっていきます。

初めは小さな「やってみたい」という気持ちでも、実際に触れてみることでまた違う印象を受けることもあります。

SNSでは、マンネリ化してたりネタが少なくなったなと感じることもありますよね。

ですが、SNSにバルーンアートを取り入れるとしたら、楽しくて飽きることはないでしょう。

バルーンアートはまったくの初心者でも、すぐに始めることができます。

アートに掛かる時間も少なく、簡単な作品ならすぐに完成させることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

バルーンアートの写真は、ただSNSに載せるだけではなく、家族や友人との間で話題にもなるので、よりコミュニケーションが取りやすくなりますよ。

ぜひ、フルーツのバルーンアートを通じて、楽しい時間を共有してくださいね。

出張バルーンアーティスト出演依頼

 

新宿で1日6時間バルーンアート資格取得
一般社団法人 夢くらふと協会