Blog
ブログ

バルーンアートイベント

毎年行われる学校行事の出し物に一押しバルーンアート

「文化祭や季節のイベントの出し物がいつも同じような内容になっている」

「イベントの内容に、子ども達や家族が飽きている」学校や老人ホームのイベントで、このような悩みを抱えていませんか?

年中行事の運動会と言えば、秋のシーズンに行われていました。

近年では、運動会を5、6月の春に開催する学校も増えてきましたね。



先生方も日頃の業務に加えて、こういったイベント内容を工夫するのは大変です!

恒例行事もつい毎回、同じような内容になってしまいますよね。

そう悩んでいる職員の方におすすめなのが「出張!バルーンアート」です。

室内の装飾やパーティーを華やかに演出するものとして有名ですが、装飾やパフォーマンスショーとして活用できるだけではなく、「風船工作教室」として、参加型でバルーンアートを楽しむことができます。

バルーンアートの手順やコツをお伝えしたうえで、参加者の方の発想力を活かした作品を自由に作ってもらう会…。

とてもワクワクしませんか?

小学校のイベントとして取り入れれば、子ども達の知育アートにもつながりますよ。

バルーンアートの魅力のひとつは、形に捉われないということ。

だからこそ、より自由に、発想力を活かしたアートを表現することができるのです。

とはいえ、はじめは頭で考えたイメージを形にするのは難しいものです。

簡単なコツやヒントをお伝えしながら自分のペースで進めていくことができるので、次第にバルーンアートの楽しさや独自性を表現することができるようになりますよ。

プロのバルーンアーティストも、基本の作り方だけを用いてアートを作っているのではありません。

創造力と発想力を持ち、工夫をして自分なりに新しいアートを作っているのです。

バルーンアートには発想力を形にできる自己表現としての一面があります。

その引き出しさえつかんでしまえば、自分だけの作品がどんどん作れるようになるのです。

「作る→完成させる」という一連の手順は、チャレンジ精神を刺激するだけではなく、達成感を得ることもできます。



バルーンアートは、こども達の人生を豊かにする可能性を秘めているかもしれません。

バルーンアートをするのに、特別な大きいスペースは必要ありません。

公共施設などのスペースをレンタルするなど、小さなスペースでもバルーンアーティストが出張して伺います。

また、晴れていれば、屋外で出張バルーンアート教室もできます。

場所などで不安なことがあれば、ぜひお気軽にご相談いただけると幸いです。

その際は、どのようなイベントにしたいのかなどもお伺いし、当協会でできることを全力でサポートさせていただきます。

イメージしているイベントを形にできるように、ぜひお手伝いさせてください。

子ども向けイベント出張バルーンアート

短期1日でバルーンアート資格取得
一般社団法人 夢くらふと協会