Blog
ブログ

バルーンアートイベント

バルーンアーティストは元気な声でイベント会場を盛り上げる

パフォーマーと聞くと、どのような方々を思い浮かべるでしょうか?

例えば、多彩なマジックをお客さまに見せて楽しませる手品師などが当てはまります。

マジックとひとことでいっても、テーブルマジックや少人数の観客向けに近い場所で見せるクロースアップマジック!

更に、舞台上でもっと大がかりな仕掛けが施されているものなど、その種類は様々です。

手品以外にも、ジャグリングやダンスなど、体を動かして何かを表現する方は、何かしらのパフォーマーに出張依頼をして呼ぶことができるでしょう。

演じる内容は違っても、フレキシブルなパフォーマーには共通していることがあります。

それは、見てくれている観客の皆さまに楽しんでほしい、少しでも笑顔になって欲しいという想いです。

バルーンアートは様々なパフォーマーとコラボできる万能アート!



その最高の瞬間を目指して、日々の練習や新しいアイデアを考える努力をバルーンアートのパフォーマーたちは欠かしません。

パフォーマーは当日の観客の年齢層や、男女比などを観察して、その時に合わせて何をするのか決めることもあります。

路上でパフォーマンスをしている方もいますが、こういった場合はその時の場所や人数を参考にして何をするか決めることも多いのです。

複数人でパフォーマンスをする場合は、以前のパフォーマーと内容がかぶらないなど配慮しています。

その時の観客の反応を見て、自分のステージ進行に取り入れる、ということもあります。

例えば、マジックで鳥などの動物を使うことがあります。

その次のパフォーマンスで、今度はバルーンアーティストが鳥を作ったら、同じものではないとはいえ、お客さまから見ると「さっきも見たよ」となってしまうでしょう。

パフォーマンスは全く異なるもの同士だとしても、ステージの通し全体がお客さまの印象となります。

いくつかのパフォーマンスが行われるステージでは、全体を通して統一感が出るように考えられているのです。

技術はもちろんですが、パフォーマーの方々は「お客さまに楽しんで欲しい」という気持ちでパフォーマンスを行っています。

あのバルーンアート「また次も見に行きたい!!」

バルーンアーティストは「次は何を見せてくれるのか楽しみ~」

そんな風に思っていただけるようなバルーンアートのパフォーマンスを私たちも常に心がけています。

ぜひ、プロのバルーンアーティストたちのイベントに足を運んでみてください!

楽しい気持ちは日々の疲れやストレスを解消して、あなたを笑顔にさせてくれるはずです。

イベント出張パフォーマー派遣依頼

出張バルーンアートのメニュー
一般社団法人 夢くらふと協会