Blog
ブログ

夢くらふと協会ブログ

グリーティングは夢が溢れるプレゼンテーション

イベント企画のひとつとして、バルーンアートを取り入れてみませんか?

バルーンアートなら、来場された方々に最後お土産という形でギフトにすることも可能です。

仕事で開催されるイベントは、つい真面目過ぎてしまうこともありますよね。

そんな時はバルーンアートを取り入れることで、華やかになるだけではなく、楽しさもプラスされます。

イベントやパーティーで、様々な形をしたバルーンアートをプレゼントされたことはありませんか?

プロのバルーンアーティストは、イベントに来場されたお客さまにバルーンアートをプレゼントすることもあります。

バルーンアーティストが実演をしている時にするプレゼントは、「グリーティング」と呼ばれるものです。

定番の犬やサーベル、キャラクターのプレゼントもあります。

これはバルーンアーティストなら誰でも知っている、大切なコミュニケーションのひとつなのです。

また、バルーンアーティストがイベントの会場内をまわり、笑顔で会話を楽しみながら来場者の方と触れ合うことも多くあります。

お客様の目の前でバルーンアートを作れば、お客様もより喜んでくれますし、近い距離でコミュニケーションを取ることができるのです。

このような演出は、特にお子さまに喜んでいただける場合が多いです。



目をキラキラとさせて、とても喜んでくれます。

そんな反応を間近で見ることができるのも、バルーンアーティストならではの特権ですね。

バルーンアートは人の目を惹きつけて、喜んでいただくことができる。

だからこそ、商品やサービスの販促活動にも適しています。

バルーンアートをひとつのキッカケとすれば、より多くの方にイベントへご来場いただくことができます。

その際に商品やサービスを案内したり、パンフレットをお渡しするのも良いですね。

最後に風船の小さなギフトなどをプレゼントできれば、より多くの方に良い印象を与えることができるでしょう。

このようにバルーンアートを販促活動に活用できれば、世代を超えてより多くの方とコミュニケーションを取ることができますし、商品やサービスをアピールすることができますよ♪

 
子ども向けイベント出張バルーンアート
 
短期1日でバルーンアート資格取得
一般社団法人 夢くらふと協会