Blog
ブログ

夢くらふと協会ブログ

海の日バルーンの魚がいっぱい家族でイベントを楽しもう

7月の第3月曜日は国民の祝日「海の日」です、ご存知でしょうか?

「海に感謝して、海洋国日本の繁栄を願う日です。」

3連休ご家族で、お出かけの方も多いのではないでしょうか。

「海の日」が過ぎれば本格的な海の季節「いよいよ暑い夏の到来」

そして、子供たちが楽しみにしている夏休みがきます。

「夏休みといえば!」子供たちにとっては楽しいイベントが盛り沢山ですね。

夏祭りに盆踊り、海水浴にスイカ割り、キャンプや行楽地での遊びなど⁉

そんな楽しい夏のイベントをもっと盛り上げたいなら、バルーンアートはとってもオススメです。


バルーンアートは「見ても楽しめて、作っても楽しめる!」

そして風船は使い捨てOKで、夏の海やプールなど水辺のイベントにも最適です。

簡単に楽しく作れるので、子供たちも退屈することなく取り組めます。

また大人も一緒に作ることで、夏の思い出作りにもなりますね。

バルーンアートを始めたばかりの人は、挑戦しやすい魚や剣がおすすめです。

決まった形式に従い組み合わせれば、とっても簡単に作ることができます。

子供達の豊かな想像力や発想力は、大人が考えている以上のものを生み出します。

はじめは器用に扱えなかったバルーンも、コツを掴むとひねったり組み合わせたり、大人では到底思いつかないような大作が出来上がったりするのです。

またバルーンアートは平面ではなく、立体で物を捉えますので、子供の空間把握能力にも期待できますね。

そして作れなかったものが作れるようになったり、出来なかったことが出来るようになったりといった、小さな成功体験をバルーンアートでたくさん経験することにより、自ら考え挑戦していく力が身につきます。

また自分で作った作品を誰かに見てもらったり、プレゼントした時に相手が喜んでくれたという体験は、子供の自信にも繋がり自己肯定力が養われます。

そしてひねったり、ねじったり、たくさん作っていくことで、どんどん上達します。

犬やうさぎに慣れてきた方は、もう少し難しい作品に挑戦して、応用していきましょう。

こうしてあなたのバルーンアートのレパートリーは無限に広がっていくのです。

いっそのことバルーンアーティストとして活動してみませんか、夢くらふと協会ではそんな方をサポートします。

さらに出張イベントで、リクエスト通りのものを作り上げた時の、お客さんの反応はバルーンアーティストとしての最高の喜びにもなります。

また、夏休み期間に「こどもイベント」を企画をされている主宰の方は、出張バルーンアート体験はいかがでしょうか。

子ども向けイベント出張バルーンアート

短期1日でバルーンアート資格取得
一般社団法人 夢くらふと協会