Blog
ブログ

出張バルーンアートについて

出張バルーンアートショーの出演依頼の注意点とは

ニコニコ笑顔のバルーンアーティストは、ハイテンションなステージショーです。

喜んで前のめりになっている子どもを見る事ができる時には、親御さんは「きつと嬉しくてしょうがないですね!」

こうしてキラキラ輝いている、バルーンアーティストの姿は、見ているだけで元気になり勇気がわきます。

終始、みんなが笑みをうかべ、楽しめるバルーンアートショー!

バルーンアートの出張パフォーマンスショーのメリットとして、大きなステージがなくても、お店などの小さなスペースで出来る事です。

心から笑わせてくれるアイテム、使っているものは何と「風船だけ」!

なのに、色々なものが作れてしまうので、作っている私達でもいまだに「風船でこんなものも作れてしまうんだ!」と驚きを隠せない時があります。



パフォーマンスは、どんな場所どんな時でも、様々な彩鮮やかなものを提供できます。

視覚的にも楽しめ、動きやできたもので魅了し、人とのコミュニケーションをとれるツールの一つです。

誰しも、バルーンアーティストの技術に釘付けになり、なにができるか期待とわくわくした目で見てもらえるのです。

お仕事としては、イベントなどで剣や犬などを風船で作っている人、というイメージが強いのですか?

実は、お祝いのパーティーなどで部屋を飾るために伺うこともあるんですよ。

それだけでなく、福祉関係でもレクリエーションとして、高齢者の方と楽しく一緒にやることもあります!

お客様にバルーンアートをプレゼントすることもあるので、その場にあった作品もご紹介いたします。

バルーンアートをやっている時間は、時間を忘れ別世界に行くような感覚があり、その感覚を人に与えるのを、目の前で見て自分で味わってみませんか?

こんなにも多くの人を惹きつけるバルーンアートのステージは、とても魅力的です!

【バルーンアートステージ依頼のポイント】

バルーンアーティストがステージの上でバルーンを制作し、一度に多くの参加者に見ていただきます。

イベント開催会場の広さやショーの内容にもよりますが、ショーを考えているならば、ステージは広い方が演出がしやすいです。

ステージの壇は高さがなくても問題ありませんが、立ち見の場合は客席との境界が必要です。

境界がないと、ステージでの実演中にバルーンアートが、欲しくなって子供たちが前に出てくることがあります。

やむを得ず、バルーンアートショーを中断せざる負えなくなる場合もあります。

ステージサイズに関しては、ステージの有無や境界線、子供たちに注意を促すなど事前の打ち合わせが必要です。

バルーンアートのステージショーは、それだけでも参加者から好評ですが、装飾や実演プレゼントと組み合わせることで、満足感がより高まります。

イベント会場を装飾して、バルーンアートの世界観を演出して、ステージショーを行い、その後実演プレゼントといった流れが場を盛り上げることができます。

バルーンアーティストとは、一日に1~2ステージの演出をしてもらう契約をすることが多いです。

バルーンアートショーの依頼の際、1ステージごとに契約を交わすようにしましょう。

複数のステージを実演していただく場合は、価格交渉をして割引も可能な場合もありますので、依頼の際はお問い合わせください。

ステージショーで使用する曲の選定をする場合、著作権フリー、使用の快諾を得たもの、オリジナル曲などは使用可能です。

当日、お客様にバルーンアーティストをご紹介していただく、イベントの司会者がいらしゃると安心です。

また、お客様が多い場合、客席への誘導はイベントのスタッフにお願いします。

【イベント主催者の用意するもの】

・ステージの有無や段差などをお知らせください

・音楽が必要な場合は音響担当者の有無

・音響設備(CDデッキ、マイクなど用意できるものをお知らせください)

・着替えやバルーンアート制作の準備のための控室

・時間が長い場合は食事をご用意ください(お弁当やお茶など)

わからないことがあれば、お問い合わせください。

 

出張バルーンアートのメニュー

 

バルーンアート出張依頼の注意点

 

お問い合わせ
一般社団法人 夢くらふと協会