Blog
ブログ

バルーンアートイベント

バルーンアーティストは施設で音楽に合わせて演技

今回、福祉施設でバルーンアートのショーを行いました。

当日、晴れたので屋外のイベントになり、MCもして音楽を流しながらバルーンアートを作りました。

施設の方にも親切にしていただいて、楽しく過ごせました。



バルーンって夢があって素敵な仕事♪

長い風船を使い、繰り広げられるバルーンアートショーは、皆を釘付けにすることができます。

あなたも笑顔の花を咲かせる、そんなバルーンアーティストになってみませんか!

バルーンアートは自分の可能性を広げてくれる!

当協会のバルーンアート講座は、1日6時間という短時間構成です。

受講することで、バルーンアーティストの資格を得ることができます。

バルーンアーティストになれれば、名刺に「バルーンアーティスト」という肩書を添えることもできます。

プロとしてイベントに出演したり、出張して会場の装飾をしたり、自分で教室を開くこともできます。

また、バルーンアートの良いところは、自分自身が楽しんで取り組めることです。

目の前の人たちを喜ばせることができるバルーンアーティストですが、喜んでくれる人たちを見ると、言葉にできないやりがいを感じるでしょう。

そういった充実感が得られるのも、バルーンアーティストならではの魅力です。


バルーンアートは使う風船も色とりどり。

どの色に使うかによって、相手に与える印象も変わります。

人を癒したり、感動させたり、元気にさせたりする力がバルーンアートにはあります。

そのため、空間やイベントの趣旨に合ったアートを出張して作ることができます。

「この空間に合ったアートを」「この人が喜んでくれそうなアートを」そんな風に考えながら、風船に触れてみませんか?

少しでもバルーンアートに興味がある方は、お気軽に夢くらふと協会までお問い合わせください。

新しい扉を開いた時、見えてくるのは新しい自分。

ぜひ、自分の新しい一面を見つけてみてください。

福祉施設イベント出張バルーンアート教室

初心者向け1日でバルーンアート資格取得・東京 新宿

書籍アマゾン発売中:発明家が教えるバルーンアート活用法
一般社団法人 夢くらふと協会